So-net無料ブログ作成

ジギング at 魚英 [FISHING]

前日はすさまじい釣果だったようなので、期待していきました。

いつもの魚英さん、釣り座はいつもと同じ胴の間のど真ん中。

やっぱり、ミヨシや艫にならず...。

一人で行くのはだめですか?

まあ、いいです、いつものことなので。

で、朝からいつもの大橋の東、JIGの墓場のポイントで。

ここは60m以深から30mまで駆け上がる一級ポイントです。

プラス潮が早いときでないとダメなんです。

朝からパラダイスタイムで、流すと誰かにあたります&かかります。

しか~し、ミヨシからはいっていくので、前のほうはいい感じですが、後ろまできませーーん。

当然私にもきませーーん。

アタリすらありませーーん。

で、前半戦が終了してしまいました。

JIGも3本ほどロスト...orz....

この船だけでも6本くらいはあがったのでは?

バラシはその倍くらいあったようですが...。

で、潮がまたまたいい感じになって後半戦スタート!!

ゼナック フォキート ウィッピー FB63-4にオシアジガー1500

PE2.0に35lbのリーダーを10m。

シャウトのSTAY 130gのピンクで。

底から 2シャクリで、もぞもぞっと。

きっちりフッキングしたあ!!

-------------中略----------------------

84cmの鰤ゲット!!

心地よい疲労感の後でもう1回挑戦。

底から2シャクリ&ポーズ、もう2シャクリ&ポーズで どん!!!

-------------中略----------------------

83の鰤ゲット!!

明石で鰤2本!!

こんなことはもう無いでしょうね。

最高の一日にあたったと思います。

かけた魚をきっちり取れたのがよかったです。

タックルバランスと良さでとれたのか?

ノットの締め方を重点に、リーダーの傷のチェックもこまめに。

これがよかったか?

最高でしたね!!
nice!(0)  コメント(0) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。